こんにちわ!iPhone修理専門MAXふくしま店です。

今日も、なかなかの暑さです。みなさん水分補給をしっかり取りましょう!

 

最近、iPhone5やiPhone5c、iPhone5Sのバッテリー膨張によって、画面が破損してしまうことが増えてきています。丁度1年半~2年間使用してきた方は、注意が必要です!音量ボタン側からiPhoneを見て、中央部分が浮いてきている感じに見えたら、膨張してきている可能性大ですよっ!また、タッチ操作を行う際に指の圧力でシミの様なものが浮きあがるのも、バッテリー膨張の原因の一つです!

 

膨張の原因はさまざまですが、1番多いのは、バッテリー持ちが悪くなってきている状態で、過度の充電や車からの充電、ポータブルバッテリーでの使用です。

バッテリー持ちが悪いものは、いくら頑張って使用していてもほぼバッテリー自体の寿命です。早めに交換をしないと、画面が壊れてからですと、修理代が高くなってしまいます。(参考:15,000円~20,000円)

バッテリー交換は4,000円程度ですので、早めの修理をお勧めします(^◇^)作業時間も約10分で完了、即お渡しになりますので、店内で涼むついでに是非交換をお勧めします。

 

 

さて本日はバッテリーについてお話しさせて頂きます!

ガラケーに比べて高性能&多機能なスマートフォンは、その性能と機能を活用すればするほどバッテリーを多く消費してしまいます。何が電力を消費しているかを知り、不要な機能はオフにすることが、バッテリーを長持ちさせる一番の近道です。

 

画面の明るさや消灯時間を確認 

 

大画面のディスプレイを搭載しているスマホは、その分、バッテリーも消費してしまいます。画面の明るさバックライトの消灯時間を調整することでバッテリーの消費を抑え、長持ちさせることができます。

周囲の明るさに応じて画面を見やすい明るさに調整してくれる自動調整も有効ですが、照度センサーを使用する分、電力を消費します。

 

使わない通信機能をこまめにオフ 

 

Wi-FiやBluetoothがオンのままだと、使っていないときでも接続先を探してバッテリーを消費します。またGPSも、オンのままだとアプリがバックグラウンドで利用するのでバッテリーを消費します。このような通信の設定を見直して、こまめにオフにするようにしましょう。

また、自宅などWi-Fi接続可能な環境で使用する場合、モバイルネットワークでのデータ通信をオフにする事でも、バッテリーを節約することが可能です。

設定を見直してもバッテリーの持ちが悪く、気になるようであればバッテリーの交換をしましょう。

 

iphone5_battery_replacement_program_0

 

水没修理、基板修理、データ復旧作業もしております。専門スタッフによる基板修復及びデータ復旧も行っております。アイフォン修理、データ復旧、基板修理は福島市iPhone修理専門MAXふくしま店へ!!

 

 

福島駅より徒歩3分(曽根田駅前)福島市でiPhone修理のことなら

赤い看板【福島】iFC iPhone専門店MAXふくしま店

↑エスカレーター3F上り正面!赤い看板が目印!

 

福島県福島市曽根田町1-18 MAXふくしま3F

福島駅より徒歩3分(曽根田駅前MAXふくしま3階です)

駐車場は2時間無料
◎営業時間
10:00~21:00
(最終受付 20:00)
◎フリーアクセス
0800-800-7615(福島、宮城、山形県から無料通話)

※繋がりにくい場合は024-572-7615へ

新規コメントの書き込み